恵那の食に挑戦する 農業人

NPO法人恵那市坂折棚田保存会

田口 譲さん

  • 農業人

 

恵那市中野方町の斜面に広がる、石積みの美しい棚田「坂折(さかおり)棚田」。

 

「はしご田」と呼ばれる石積み棚田が点在する全国でも有数の美しい景観は、『日本の棚田百選』に認定されており、四季折々変化するその姿は、「これぞ日本の原風景」と人々を魅了しています。

「この山あいで、400年前から先人たちが苦労し築き上げた農法を、これからも継いでいきたい。」そんな思いで活動する『NPO法人恵那市坂折棚田保存会』理事長の田口譲さんにお話を伺いました。

 

 

 

―『NPO法人恵那市坂折棚田保存会』発足の経緯を教えてください。

 

平成11年に『日本の棚田百景』に認定されたことをきっかけに、翌年、圃場整備を行うことになったのだけど、「昔ながらの小さい田んぼを守りたい」という意見と、「続けていくには、小型の農機具が入れるように大きくしよう」という意見の対立があった。両方ともここを守りたいことに変わりはないんだ。話し合いを何度も重ねて、区画を決めて、作業道をつくり作業しやすくしつつも、昔ながらの小さい田んぼを残すことになった。

団体としては、平成15年に開催された『全国棚田サミット』をきっかけに『坂折棚田保存会』を結成、平成20年に『NPO法人恵那市坂折棚田保存会』(以下、「保存会」)となりました。

 

 

 

―保存会には、どんな方がどのような活動をしていますか?

 

会員は90名ほどで、正会員で30名。賛助会員はだいたいだけど、中野方町が40名、町外が20名。

棚田の保全活動、文化継承活動、棚田オーナー制度などの交流活動、坂折棚田米などの棚田ブランド推進活動をしています。

―保存会の会長になったきっかけを教えてください。

僕は中津川市蛭川生まれで、この地域の生まれじゃないんだよ。

親戚のおばさんが坂折に住んでいて、子どもの頃からたまに遊びに来ていた。その頃は、歩いて山を越えてきててね。

大人になって、岐阜県の農業指導員として中野方に関わることがあって。退職してからも、親戚を訪ねて来ているうちに「手伝ってくれ」って話になった。坂折につかまったんだな(笑)こうして活動していると、若くいられていいよ。

 

 

 

―「棚田オーナー制度」は、どういった内容ですか?

 

1区画(約100㎡)単位で貸し出して、農作業に来てもらっています。保存会の会員が作業を教えて、農作業を体験してもらうというものです。

平成17年からやっていて、最初は7組くらいだったけど、今では60組くらいになりましたよ。年代も特徴的で、始めたころは定年後のような年配者が多かったけど、どんどん若い世代、家族での参加が増えてきた。名古屋の人が多いかな、あとは多治見・土岐・岐阜とか。1時間くらいで行ける『近い田舎』という感覚でしょう。若い人が「農業は楽しい」と言ってくれると、なんだか未来に期待できるなと思います。

 

 

 

―坂折棚田米の美味しさ、特徴を教えてください。

 

ご飯は、炊いたお米の粒の集まりだから、粒の大きさがそろっているのは大切ですね。あとは、つや。甘けりゃいいってもんじゃなく、甘みも食感も粘りも必要。

坂折棚田のお米は、(稲は冷たい水を嫌うから)清水口から湧き出る水を、上畔を作り温めてから田んぼに入れている。保存会の人たちが、朝夕見回って水や生育状況を把握し、真心いっぱい込めて育てたお米です。あと、東南に位置する笠置山から昇る太陽の光をいっぱい受け、爽やかな風に守られて育ったお米。そうやって育ったお米だから、そりゃ美味しいですよ。

 

 

―これからも、この景色や美味しいお米を残していきたいですね。

 

坂折棚田米は、他のお米より少し高く販売しています。

手間代を考えると、全然元が取れないんだけどね。少し高い分は、棚田の保全に充てさせてもらっている。棚田オーナー制度でも、近くの田舎を感じてもらって、応援してもらえるよう頑張っているところです。

 

 

―田口さんが、これから挑戦したいことはどういったことですか?

 

今、棚田オーナー制度のお客さんは日帰りが多いですが、「泊まりたい」「野菜の収穫体験がしたい」との声も聞くので、地域のみんなで民泊ができるように取り組んでいます。

お米や野菜、山菜などを発送するのでなく、ここへ体験しに来てもらえるような仕組みをつくっていきたいです。

 

坂折棚田のお米は、ホームページ(http://sakaori-tanada.com/publics/index/7/)にて紹介しています。

遠方からの注文は、メール・電話・ハガキで受け付けています。

生産者情報

NPO法人恵那市坂折棚田保存会

TEL 0573-23-2032
ホームページ http://sakaori-tanada.com/publics/index/7/

一覧へもどる

農業人一覧