お知らせ・イベント情報

2019年8月13日

地域の食材を使って『子どもと作る 森の食フェスティバル』

 

 

笠置山の山頂近くに所在する、望郷の森キャンプ場で毎年開催している「CARABINA HANG OUT」。

 

子どもの心から沸き起こる「やってみたい」という気持ちを第一に考え、一緒に遊び、一緒に考え、一緒に学ぶ体験です。

森の中で遊びをとおし生きる力を身に着けていく子どもたちの姿があり、毎年多くの参加者が集う夏の人気のプログラムです。

 

 

【  望郷の森キャンプ場 https://bokyo.org/  】

 

 

その最終日に、地域でとれた農産物を使った料理を料理家の指導のもと、地域の大人と子どもたちとが作る『子どもと作る 森の食フェスティバル』が開催されました。

 

火を起こすことから始まり、川魚の串焼き、丸ごと焼きりんご、地元 中野方不動滝やさいの会に集まる野菜をふんだんに使ったパエリアなどのメニューを、東京で料理教室や保育園給食の監修、青山ファーマーズマーケットの運営などに関わっていらっしゃる料理家の塚本紗代子さんとアシスタントの方々に教えてもらいながら、子どもたちが主体となって調理していきます。

 

 

 

 

子どもたちは開放的な森の中で料理し、自ら考え、動いていきます。

 

火起こしをする子。

焼きりんごに使うバターを包丁で切ってアルミホイルに包む子。

パエリアの野菜を細かに切る子、鍋に食材を入れ焦げ目がつかないよう混ぜる子、

川魚に串を刺し、塩をふって焼く準備をする子。

 

大人が手本を見せるとすぐ、

どの子もみんな自分の役割をみつけて、楽しんで動く姿に、大人は見守るだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がった料理は、丸太を半分に切った台座に葉っぱをのせた皿に盛りつけ、花やどんぐりで飾った森の食卓。

 

どれもこれも美味しそうで、モリモリ食べちゃいます!

 

「おかわり~!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中野方 不動滝やさいの会 https://sakaori-tanada.com/souvenir/2032/

 

 

望郷の森キャンプ場 https://bokyo.org/

 

 

 

 

一覧へもどる

お知らせ一覧

イベント一覧