お知らせ・イベント情報

2019年11月12日

恵那農業高校生による食育出前授業

 

 

 

 

 

11月6日(水)大井第二小学校3年生~6年生の各クラスで、恵那農業高校食品科学科の2年生40人が食育出前授業を行いました。

恵那農業高校の生徒は「課題研究」の授業で地域の食と農業の魅力や課題について調査し、地産地消の推進を目的に、恵那市農政課と給食センターと連携して給食センターの管理栄士から指導を受けながら、地元食材を使った学校給食献立の開発に取り組んできました。今回の交流会でこれまでの調べ学習の成果や高校での農業と食についての学びを活かし、児童への食育出前授業を行いました。

食育出前授業では、農校生が授業計画を考えて、恵那で栽培されている農作物の話や、農校で栽培しているエゴマや生産している醤油の話、エゴマの脱穀の仕方や油の絞り方など、実演を交えながら思考を凝らした授業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

今日の給食の献立は、農校生が考案した“えごまコロッケ”と、根菜たっぷりの“根々(こんこん)スープ”!!

“えごまコロッケ”に入っているエゴマは、農校生が耕作放棄地を再生して栽培したエゴマがたくさん入っていました!!

エゴマのプチプチ食感が楽しい、美味しいコロッケでした!!

 

この給食の献立は、夏休み期間を利用して何度も試作し考案したものです。

 

今日の給食の他にも、農校生が考案した下記の献立が、提供される予定です。

(一部の献立は、恵那市学校給食センター管内のみの提供)

 

 

*串原こんにゃくの煮物 *とりめし *栗ぃむシチュー *ピリッと恵那のトロトロあんかけ

*恵那鶏のえごまみそかけ *ほうれんそうのかき玉汁 *ブロッコリーの柚子香和え

*さつまいものプチシュー(()銀の森とのコラボスイーツ) *里芋と鶏肉の揚げ煮

 

どれも、とっても美味しそうですね!!

 

一覧へもどる

お知らせ一覧

イベント一覧