たべとるマルシェ

           

2018年6月23日から毎月、恵那市中央図書館エントランスをお借りして開催している「たべとるマルシェ」。
新規就農者や食農交流会に参加する若手農家を中心に結成した恵那NEWFARMERS交流会議が主催する、
安心・安全な地元食材を生産者が直接販売するマルシェです。地元の食はおいしい!そして、おいしいだけではありません。
身体にやさしく、安心・安全な食を。つくる人の手から食べる人の手へ、心のつながりを。
恵那の農業をつなぎ、続き、伝えていけるプラットホームでありたいと思います。

コンセプト

"すごい農家に出会えるマルシェ"

3つの目的

恵那の農を育む たべとるマルシェでは、新たな時代を担う農家を育て、応援します。
恵那の食を育む たべとるマルシェでは、恵那の里山に培われた"地産地消"の食文化を受け継ぎ、新たな展開を模索します。
子どもたちの未来を育む たべとるマルシェでは、安心で安全な、恵那らしい食材にこだわり、"食育"や"地産地消"の観点から、恵那の子育てを応援します。

3つの「出会い」の特徴

生産物への想いや農や食の未来を語る、生産者さんと出会えます。 繰り返し手に入れたくなる、恵那特有のこだわりの逸品と出会えます。 お気に入りの生産者や逸品の生産現場との出会いを提供します。

6つの具体的な取り組み

  • 農家がこだわりを語れるマルシェをめざします
  • 若手が成長できるマルシェを目指します
  • 里山のくらしを伝えるマルシェを目指します
  • 食育を広げるマルシェを目指します
  • 地場産物にこだわったマルシェを目指します
  • 作り手の畑に行くことができるマルシェを目指します

出店者紹介

sogaco

曽我 佳奈子さん

住所 恵那市武並町藤
商品 トマト、いちご
恵那市中心部から車で15分ほど、木曽川近くの谷間に農場を持つ曽我佳奈子さんのお店です。 4年前に新規就農者の育成制度を活用してトマト農家を始められました。4月から10月は主に夏秋トマトを生産、12月から5月はイチゴを生産しています。 出荷先は主にJAひがしみので「中津川夏秋トマト」としてJAひがしみのが販売していますが、たべとるマルシェでは、曽我さん自らが店頭販売し、形や色にこだわってつくったトマトをお客様に直接、届けています。

堀養蜂園

堀 孝之さん

住所 恵那市山岡町久保原
商品 はちみつ 各種
ホームページ https://horiyouhouen.jp/
たべとる農業人 ページへリンク http://tabetoru.com/farmer/hori-youhouen/
堀養蜂園は恵那市南部から瑞浪市にひろがる山々に圃場を持つ、はちみつ農家です。 四季折々に咲く、ひとつひとつの花から採蜜した単花蜜はすべて糖度78度から82度の完熟はちみつ。花の種類で味、香り、色彩が違うので、園主からそれぞれの「花の香り」「味」「甘み」、蜂とはちみつの深い話を聞いて楽しみ、納得のはちみつを購入することができます。

Farm Roots

佐藤 暁彦

住所 恵那市笠置町
商品 旬の有機野菜 各種
Facebook www.facebook.com/farmroots
たべとる農業人 ページへリンク http://tabetoru.com/farmer/sato_atsuhiko
有機野菜の栽培・販売を行うFarm rootsの農場長 佐藤暁彦さん。実はジャズ・ドラマーとしても活躍中です。佐藤さんのこだわりは露地栽培。Farm Rootsのある笠置山麓は岩がちの土壌。化学肥料を使わずに有機物のみでゆっくり育てることで、ミネラルを含んだこの地域独自の味を出すことができると考えています。有機農法で丁寧に育てると、野菜はその土地の空気の味すらすると言われます。身の詰まった、たくましく濃い味の野菜を農場長から直接、買ってみてください。

大江自然農園

大江 栄三さん

住所 恵那市中野方町
商品 旬の無農薬野菜 各種
Facebook https://ja-jp.facebook.com/ooeshizennouen/
たべとる農業人 ページへリンク http://tabetoru.com/farmer/ooe-shizennouen/
恵那市最北部、笠置山の麓の谷間にひろがる中野方町でエゴマをはじめ無農薬野菜各種を生産する大江自然農園の大江栄三さん。循環を大切にする自然農法で栽培し、旬の野菜便を全国に発送しています。大江さんが実践する「自然栽培」とは肥料・農薬には頼らず、植物と土の本来持つ力を引き出す農法です。農業や野菜のことはもちろん、生態学や民俗学にも詳しい大江さんから、さまざまなお話を伺い、買い物を楽しんでください。農業体験「アグリツアー」も行っています。 リンク先:http://tabetoru.com/blog/1149/

西森ファーム

西森 裕記さん

住所 恵那市山岡町
商品 自家生産のハーブで生産するハーブティ、 各種無農薬野菜
ホームページ https://naturalherb.theshop.jp/
たべとる農業人 ページへリンク http://tabetoru.com/farmer/nishimori-farm/
里山風景の広がる山岡町で、日本とイタリアの"固定種"と呼ばれる伝統野菜と、ハーブを栽培している西森ファームさん。 自家栽培したハーブを、メディカル・ハーブ・コーティネーターの資格を持つ奥様がブレンドしたハーブティが各種並びます。たべとるマルシェでは、野花など可憐な花を小さなブーケにして販売したり、その雰囲気はまるで「魔女の宅急便」のキキが育った家のよう。女子の喜ぶ「かわいい」が揃うお店です。

石川トマト農園

石川 右木子さん

住所 恵那市上矢作町
商品 夏秋トマト、ミニトマト、イチゴジャム、 ケチャップ、トマトジュース、 もちっとトマトパンなど
ホームページ https://www.ishikawafarm.com/
石川農園は、岐阜県恵那市上矢作町に位置し、きれいな空気と清らかな水に囲まれた自然豊かな場所で、10種類以上のトマト栽培と、イチゴ栽培をしています。栽培のほかに、トマト狩りや様々な体験イベントも企画しており、お客様に農業を身近に感じ、足を運んでもらえるような農園を目指しています。つぶつぶ食感がのこるトマトケチャップ、ほどよい酸味のトマトソース、やさしい味の無添加トマトジュース、もちっとトマトパン、砂糖にもこだわったイチゴジャムなどなど自社開発の加工品も好評。

Koike lab.

小池 菜摘さん

住所 中津川市千旦林
商品 さといも、さつまいも、落花生、 地元食材とのコラボクッキー各種、 もったいないOKAZUシリーズ
ホームページ http://koike-lab.com/
Koike lab.は赤土の丘に、中津川名産の落花生や里芋・さつまいもを生産する農家です。農場を仕切るご主人は、自ら育てた食材や恵那山麓の農産物をつかったスイーツなどをつくるパティシエでもあるんですよ。ラインナップのひとつに、堀養蜂園の「そよご蜂蜜」とコラボしたクッキーは、そよごの花の香りがちゃんと残る、蜂蜜味のクッキー。ほろほろサクサク!さすがプロの味わいです。奥様はプロのカメラマンでもあり、パッケージのセンス抜群。なんでもできちゃうKoike lab.に注目です。

飯地高原カントリーファーム

別府 伸一さん

住所 恵那市飯地町
商品 無農薬野菜 各種
Facebook https://www.facebook.com/CountryFarm2017Naturalfood/
標高800メートル、天空の里 恵那市飯地町に移住して農業を始めたばかりの別府さん。 飯地町での野菜づくりはまだまだ手探りで、現在、マルシェで販売される品目数は少ないですが、ミニトマトや葉物野菜など味が濃く甘みが強い野菜ばかりです。奥さんと二人、絶妙なコンビネーションで頑張ってます。

AKジビエ

三宅 大輔さん

住所 恵那市明智町
商品 ジビエ料理
たべとる農業人 ページへリンク http://tabetoru.com/farmer/ak-jibie/
恵那市明智町・串原の猟師を中心に有志で結成されている「AKジビエ研究会」。 「AK」とは「明智(Akechi)・串原(Kushihara)」そして「オール恵南(All keinan)」の略で、猟師の様々なグループが一体となって活動しています。ジビエ料理の美味しさを広げるため、たべとるマルシェをはじめ多くの地元マルシェに出店しています。ジビエソーセージ、ジビエカレー、ジビエ唐揚げなど、地元の山で捕れたイノシシ・シカなどジビエを食べやすく工夫して加工処理しています。

ノウカのカノウ

加納 知子さん

住所 中津川市蛭川
商品 無農薬で育てた野菜、おもに西洋野菜(イタリアントマト)、食用菊など
Facebook https://www.facebook.com/kano.tomoko
中津川市から望む笠置山は、恵那市側から臨む形とは違ってみえて、麓の地形も地質も気候さえも微妙に違います。ノウカのカノウの畑は、中津川市側の蛭川にあります。小高い場所にある畑では、イタリア原種の茄子(カプリス)やトマトなど、ちょっと珍しい野菜を無農薬で栽培しており、カフェやレストランのシェフから人気。また、冬場に最盛期を迎える食用菊も栽培しており、こちらも日本料理に欠かせない食材ですね。食材のトレンドを生産出荷できる、たべとるマルシェでも稀有な存在である農家です。

小いた園

小板 美和さん

住所 恵那市大井町
商品 菌床しいたけ(生、乾燥)
中山道の情緒ある街道沿いに位置する小いた園の椎茸ハウス。ハウスに入ると棚にお行儀よく並ぶ菌床からムクムクと椎茸が育っています。マルシェで販売される椎茸のサイズはスーパーに並んでいる椎茸の2倍!肉厚でジューシーな椎茸は贅沢に椎茸ステーキや、刻んでしょうが醤油で炒めても香りが際立っています。また、時期になると幻の椎茸 天恵菇(大きい椎茸のさらに倍の大きさ)や、国産生きくらげが出品され、恵那の椎茸業界を盛り上げています。

阿部農園

阿部 真奈美さん

住所 恵那市三郷町野井
商品 いちご、トマト
恵那市街から三郷方面へずんずん上がっていく丘にある阿部農園。いちごの時期になると「いちご直売」看板が通り沿いに立ちます。いちごの品種は章姫。酸味が少なくジューシーないちごは、平日からいちごハウスへ直接買い求めに行かれるお客様も多く大人気です。いちごハウスへは夏場になるとトマトハウスに変身。日当たりのよい丘の上でお日さまの光をしっかり浴びて育つトマトも人気ですよ。

土助梅園

堀 有希さん

住所 恵那市明智町
商品 梅干し
ホームページ https://dousukebaien.jimdo.com/
明智町の土助地区にある美しい梅園の園主夫婦が、梅雨ごろになるとひとつひとつ丁寧に収穫し仕込まれる梅干しは完全無添加でこだわりの味わいです。パッケージに書かれた「嶺の梅」の書はご主人によるもの、マルシェで飾られる土助梅園の看板もご主人の作品です。奥様は図書館を訪れる子どもたちに読み聞かせをするボランティアや、大人向けのコンクールに参加。本に親しまれています。冬期になるとお客さんにお手製ゆず茶をふるまうなど、彼女の温かい人柄に寄せられマルシェを訪れるお客さまも少なくありません。

なかがき農園

中垣 野歩さん

住所 恵那市串原
商品 トマト
Facebook https://www.facebook.com/nakagakifarm/
「トマトといえば恵那の串原」と言われるようになりたい!そう意気込む中垣農園の中垣野歩さんは、若い農業者や女性農業者が増えるよう、農業がもっと自由なイメージで、もっと楽しくおしゃれにあるようなイベントなどを自ら打ち出す活動をしています。SNSを利用してトマト栽培の状況をリアルタイムで伝えたり、串原のトマト農家仲間たちとトマトジュースやトマトソースの商品開発をし自ら販売して、今どきの農業を今どきの若者に響くような伝え方をしています。

ピアチェーレ

起 多恵さん

住所 中津川市駒場
商品 焼き菓子、卵・乳製品不使用の焼き菓子
ホームページ https://piacere201007.jimdo.com/
「農家のお菓子工房」とあるとおり、ピアチェーレさんはお菓子に使う主な食材は自ら育てています。その栽培方法は完全無農薬で育てたもの。米や麦の栽培を無農薬で育てるのは本当に手間のかかる作業ですが、美味しいお菓子をつくるため起さんの譲れないこだわりです。バターや卵も自らが納得のいく食材を取り寄せて、心血注いでつくる焼き菓子を求めマルシェにいらっしゃるファンも多くいらっしゃいます。

キュルティヴァトゥール

渡邊 俊介さん

住所 中津川市阿木
商品 パン
ホームページ http://www.cultivateur.jp/
恵那市街から岩村へ向かう坂道をぐんぐん登っていくと阿木ダム湖が見え、その脇道をもう一息登っていった小高い崖の上にある三角屋根の家がキュルティヴァトゥールです。店内に入るとパンの香りが広がり、様々な焼きたてパンが並んで幸せな気分。パンは自家製酵母でつくったパンなどハード系の食事パンが中心。また、たべとるマルシェに出店する農家とコラボしたエゴマパンや、いちごデニッシュなど数多くの地元食材パンがあるのも楽しみ。

ハリスカフェ

加藤 沙織さん

住所 恵那市岩村町
商品 焼き菓子、カレー、ドリンク
ホームページ https://www.halliscafe.com/
岩村の飯羽間、里山の原風景が広がる地域に民家をリノベーションしたカフェがあります。庭には季節の花々が咲き、ベンチや小さな手作りの小屋が置かれ、キュンとするほどかわいい。店主の沙織さんのチョイスした家具や雑貨はお店の雰囲気をさらに深く味わいあるものにし、県外からのお客様も多く訪れています。沙織さんお手製の焼き菓子もこだわりあるものばかりで、マルシェにはお店の雰囲気そのままが演出され食事の提供がされています。

おなか自慢

中嶋 光春さん

住所 中津川市中津川
商品 こんにゃく
ホームページ https://osasimikonnyaku-onakajiman.jimdofree.com/
こんにゃくづくりへの情熱が熱い中嶋さん。販売するこんにゃくは3種類、すべて刺身用のこんにゃくです。生芋からつくるこんにゃくは自家栽培の蒟蒻芋を使用。トロンと溶けるような口あたりから「トロコン」と名前がつけられています。青のり入りのこんにゃくの海苔は愛媛県産うすば青のりを使用。磯の香りがたまりません。地元中津川産のあじめこしょう入りこんにゃくはピリ辛ではなくホロ辛程度です。