食材を買おう 恵那の食材一覧

自然薯

恵那の自然薯

 

|おいしいポイント|

恵那では正月の食の行事で自然薯を擦り、出汁で溶いて麦ごはんにかけて食べます(東北では「三日とろろ」と言うようですが、当地域では「芋汁」と言います)。コクのある風味と強い粘りが特徴で、古くから食べると元気が出るといわれることから、一年間の健康・長寿を祈願して食べられるようになりました。
葉の付け根にできる「むかご」も、ゆでたり、ご飯と一緒に炊いたりと、おいしく食べることができます。

年末には進物用としても用いることもあり、食の文化として自然薯はなくてはならない当地域の特産品です。

恵那の自然薯は粘りが強く上品な美味しさが好評です

 

主な生産地(生産者)・販売生産者 恵那自然薯生産組合
出荷時期 11月中~12月中
お問い合わせ先 恵那アグリセンター
0573-26-2982

一覧へもどる

野菜一覧

果物一覧

米一覧

肉・卵一覧